Neo classic motorcycle of Japan
Krazy Kool Klassix

SITE INFO
MEMBER
ACTIVITY
GALLERY
BLOG
LINK
CONTACT
HOME

 
「オートボーイ杯 OVER200」参戦レポート
場所:茨城県 筑波サーキット コース1000 2007年3月21日(祝)
主催:オートボーイ
天気:ぽかぽか日和
レポート:ストライク

わたしストライクがオートボーイ杯OVER200第1戦に参戦しました。

3年ほど前にOVER200が行われているのを知り、当時早速様子を見に行きました。
コース上では、最新型に混じりZが2台ほど参戦していました。 そして決勝レースが2ヒート制で十分楽しめそうだと思っていました。

参戦への意思はあるものの踏み切れず、幾ばくかの歳月が過ぎてしましたが、角Zミーティングで知り合った竜人君からのお誘いがあり、参戦に踏み切れました。
当日は竜人君がインフルエンザによりリタイアとなってしまい残念でしたが、私以外に2台のZの参戦があり、和気藹々と草レースの雰囲気を思い存分楽しめました。
竜人君、ありがとう!

自宅から筑波サーキットまでは、道が空いていればクルマで1時間を切り、単車であれば30分ほどの距離です。 前夜にクルマへ単車を積載しましたが、シートを外したり単車や荷物を積んだりと結局1時間以上を要し、サーキットまで単車で自走した方がよっぽど早いという痛い状況でした。
当日は朝の5時過ぎに自宅を出発し6時前には到着しました。
サーキットの朝は早く、普段夜更かしのわたしも早起きの辛さもどこへやらで、清清しく一日の始りにワクワクしてきます。

受付を済ませ、Z2で参戦のHさんのアドバイスで車検場へ早々とマシンを移動します。
車検には時間が掛かり、またタイムテーブルからオーバー200の練習走行が一番最初に行われるので、走行までに余裕を持たせる為です。 さすがです。 おかげで余裕を持って準備が出来ました、ありがとうございます。

いざ車検では、素人マシンの為、他の走行会でもそうですが、非常に不安です。
ですが、お手製スプロケガードの甲斐もあり、すんなり合格!
※お手製スプロケガードはブログにアップしてありますのでよろしければ!
くらしっくすBLOGの該当記事

Zで参加された方のマシンです。
それと街中でもサーキットでもほとんど見なくなったKR−1です。
部品の調達が大変だとの事。オーナーは普段、Z1に乗られているそうです。

練習走行が朝の8時開始。
天気が良くても、さすがに3月の朝ですから路面は冷え冷え。 コケてしまって一日を終わりにしたくなかったので、かなり慎重に走りました。
他のクラスでは結構コケてましたが、速度も高くない唯一の左コーナーでしたので皆さん大したダメージも無い様でした。

コースはひらがなの「つ」を逆さまにした様なレイアウトで、私のZでは2・3速使用でした。
インフィールドに入る右コーナーがタイトでZとレプリカマシンでは走行ラインがまったく違い、レプリカラインでコーナーに進入したら、曲り切れなくなりました。

予選が始まり、規定の3周をタイヤを暖めながらこなし、いざタイムアタック!
なんて書きましたが、結果は下から数えた方が早いくらいの結果でしたw これでも自分なりに頑張って走っているんですけどね。

パドックにもどり、皆さんとあーでも無い、こーでも無いと走行談義に花が咲きます。

11時半からの決勝第1ヒート。
予選結果を基にタイム順に2クラスに分けられ、遅いクラスでの決勝です。

グリッドに着くべくコースインするものの、グリッドを確認し忘れ、コースにポツ念!
スタッフの方に誘導されました、すみません; つうか実は私、初レースなんです!
今まで、走行会は結構参加しているんですが、まったくの初めてで、走行会での模擬レースもメインの走行会で転倒してしまい出れませんでした。

そんな状態で、グリッドからのスタートに若干の戸惑いはあるものの、いよいよ初レースとウキウキして緊張はありませんでした。

全車がグリッドに着き、コースクリア。
全ライダーがスタートフラッグの国旗を一点に見つめ中、国旗がスターターの頭上高く掲げられ、各マシンのエンジン音が高まります。
と同時に国旗が振り下ろされ、咆哮と共に各マシンが1コーナーに向かって飛び出しレースが始りました。

私はというと、まぁこんなモンかなという感じのスタートが切れ、1コーナーまでに何台かを交すことが出来ました。

複合の1コーナーを抜け、インフィールドに入る右コーナー。
数台前のマシンが曲がり切れずアウトにハラみ、その内側を通過した時です。コーナーの出口を睨む私の視線左後方にそのマシンが入ってきました。この角度で相手が引かなかったらと一瞬考え意識の中で身構えた瞬間、Rタイヤに衝撃!思った通り接触しました。私も相手も転倒無く次の左コーナーに向かい何事も無かった様にアプローチを続けました。

それ以降、波乱は無く10周のレース終了。
結果はグリットと変わらない様なポジションでした。
写真がなく動画キャプチャーです;
パドックに戻り、皆さんとまたまたレース談義!! 興奮冷めやらずです。

13時10分からの第2ヒートでは、前車をどう交すかと右に左に仕掛けます。
4周ほど費やし、結果S字出口でインから交す事が出来き、そのままレース終了。
無事、レースを終える事が出来ました。

Oさんです。雰囲気が良いですよね。ウィロースプリングスかデイトナのインフィールドを走っている様で。つうか行った事無いですけど;
オーバー200決勝が全クラス終了し、走り終えたマシン達です。

ほんと私の結果は大した事ありませんでしたが、周回毎に違うラインやあまいブレーキングなど改めて課題が明らかになり、また草レースの楽しさを満喫でき、デビューレースとしては大満足でした。

4時からの表彰式では、各クラスの優勝者が祝福されています。
そこでなんと、小学生の兄弟が優勝しているクラスがありました。なんだか将来が楽しみです。

表彰式後のビンゴでは、なぜか早く上がれる様な予感!
そして予感的中というか、結構早めに上がれ、景品も選び放題。
狙っていた景品を無事ゲット出来ました。
お米です!

皆さん、ありがとう御座いました。お疲れ様でした。また、サーキットでお会いしましょう!なんつってw

今回、メンバーの都合がつかずクラシックスからは私一人となってしまいましたが、次回は是非みんなで参加したいと目論んでいます。
つうか、みんなで参加って言ったら、うぅ〜アレかな!


PAGE TOP