Neo classic motorcycle of Japan
Krazy Kool Klassix

SITE INFO
MEMBER
ACTIVITY
GALLERY
BLOG
LINK
CONTACT
HOME

 
CB地獄ミーティング&バカタナカップ参加レポート
場所:那須モータースポーツランド 2003年5月10日(土)開催
エントリークラス:D4バトルクラス(3台ともに)
レポート:ストライク

会場となる那須モータースポーツランドに6時過ぎには到着でき準備開始。
ストライクMk2は前日、保安部品を全て外しフロントゼッケンを装着しておいたのでここでの作業は特になし。
ヒューストンCB-F、ウイスキーKATANAは保安部品にテーピングを始める。
脇では準備が完了した車輌に対し車検が始まっていたので、どんな感じか観察していると、
「この車輌、ゼッケン付けて!」って大きい声で叫んでる。
「えっ、ゼッケン付けんの?」
受理書には「望ましい」って書いてあったじゃん。
しかし、車検に落とされたら早起きした甲斐が無くなるってもんで、急遽、CB-F、KATANAはマジックでゼッケンナンバーを書き込み、 特に問題なく車検通過。
ほかの車検を見ていると、オイル漏れのチェックは当たり前として、タンデムステップのグラグラを指摘されている車輌が多かった。
グリーフィングまで時間があったので、同じクラスにエントリーしている車輌を観察。
GSXR、ゼファー1100、ローソン、Z1Rなどがエントリーしている。私も含めこれらの車輌は、 きっと走行会の趣旨と車輌が違うのでBGにも取り上げられないのだろう。
それにしても、D4クラスの車輌のタイヤの溶け方が凄い!サーキット溶け。 中にはテイストモンスターにエントリーしている車輌もいる。なんだか、ヤバそう。 ほかの車輌を観察しているだけで、スゲー緊張してきた。

グリーフィングも終了し、D4クラスの1回目走行までにかなり時間があるので、ほかのクラスの車輌や走行を見物。
さすが、きれいなCBやカタナが多い。(実際の画像はミスターバイクBGにて)

走行時間が近づいたので、ツナギに着替える。
緊張しまくりで、和らげる意味も込めてストレッチ。体が硬いし重い。
緊張もピークに達し居ても立ってもいられず、早々にメットを被って待機。
前のクラスがピットに戻ってきて、いよいよD4クラス出走開始!

っが、いきなりペース早ッ!
慣熟無し?いや、これって他の人にしたら慣熟?いきなり撃沈。
マーシャル入れて3台目を走行していたので、後ろの人たち、スンマソン。
2週目に入った途端、バリバリ抜かれました。
結局、20分間の走行でほぼ全車にラップされてしまいました。トホホ...
グリーフィングの時、「ペースが合わなかったら言ってくださ〜い。クラス変えますから〜」 その時の言葉思い出すも、Mk2じゃクラス変われないジャン。
2回目以降どうしよう...本格的にヤバめ。

しばらくしてリザルトが配布されたので確認すると、トップはCB-1!48秒158、ちなみに私は55秒579。なんじゃそりゃ、途方に暮れる。
2回目走行は昼休み挟んで13時20分からなので、また時間が空くが、なんか食欲無し。まぁ2回目以降も無理せずコケずに行きましょう。
「俺は速さよりもフォームのカッコ良さを目指します!」

2回目走行直前は先ほどまでの緊張は無く若干リラックス。走行自体も1回目よりは良い感じ。
頑張ってコーナー立ち上がりで早めにアクセル開けるとRタイヤがスライドし始めるし、気が付けば「必死」。っが、相変わらず皆さん滅法早く、私は抜かれ上手になりました。
後ろから、皆さんのラインを確認しつつ走らせて頂いて、勉強になりました。
無事走行終了。リザルトでタイムを確認。ベスト55秒326!って全然短縮してないジャン!あまりにも不甲斐ない自分に笑うしかありませんでした。

最後の走行に向けての攻略を思案...突っ込みと立ち上がりだ!って当たり前すぎ?
それに最後の走行は皆さんきっとお疲れで、ペースもあまり上がらないだろうなぁ〜、だって事実、俺かなりマッタリしてるしなぁ。

3回目最終走行開始。
って、皆さん全然ペース落ちてないッスよ〜。むしろ背中が怖いです。
こりゃ〜最後、気合で行くしかありません。って感じで頑張りました。ポイントカバーも擦りました。ニースライダーも無くなりました。
っで総合結果。53秒940!あそこまでやってもここまでしか短縮出来ないの?そりゃそうだ!だって2ラップされちゃったモン。
総合でもCB-1で47秒037。スゲェ〜。


現在のMk2では、1コーナー後のストレート中程で3速に入るぐらいでそれ以外は全て2速でした。 ある意味オートマ感覚で楽なのですが、何せコーナーを立ち上がらない! 我慢してジワジワアクセル開けるしかなく、ほとほと疲れました、ハイ。
最後のジャンケン大会でも全然出る幕ありませんでした。

言い訳1
Rブレーキローターを研磨済みに交換して行きましたが、コントロールが難しくなってしまってRタイヤロックしまくり。
それじゃ、突っ込み甘くなるわなぁ〜。事実、1コーナーでオーバーランして、ホント怖かったッス。
(って自業自得?)
言い訳2
フロント19インチだし〜。
(って19インチカタナで47秒台の人もいるぞぉ〜。)
言い訳3
最近、若干ハイギアードにしたばっかりだから、タイトな那須じゃ、合ってないっしょ!
(ってノーマルGSで49秒台の人いるぞぉ〜。)
言い訳4
ジャンケン得意じゃないし...
(ってジャンケンの言い訳かよ)
言い訳5
...なし
(って無いのかよ)

って事で目標。いまのMk2のままで47秒台!...絶対無理だなぁ、せめてギア比変えよっと。まぁ前向きに行きましょう。

しっかしCB&カタナカップ、大いに刺激になりました。サーキット面白い、単車最高!
主催者の方々お疲れ様でした。D4クラスの皆さん大変ご迷惑おかけしました。
続きは「秋の絶版車祭り」にて、乞う御期待!!
そう、わたし懲りてません。