Neo classic motorcycle of Japan
Krazy Kool Klassix

SITE INFO
MEMBER
ACTIVITY
GALLERY
BLOG
LINK
CONTACT
HOME

 
FX & MkUミーティング
「FX & MkUミーティング」参加レポート
場所:静岡県 朝霧高原 ドライブイン「もちや」 2006年10月1日(日)
天気:曇りのち雨
レポート:ストライク

FX & MkUミーティングに参加しました。
ミスターバイクBG誌に小さく告知してあり、実際どれ位の台数が集まるのか?どんなZが来るのか?楽しみに当日を迎えました。

週中の天気予報では、開催日は晴れの予報でしたが、週末に近づくにつれどんどん降水確率が上がってくる。結局、前日の予報では「曇り時々雨」。降水確率も夕方が高い。こりゃ帰る頃は雨は確実だな。っと考えつつも、時々雨って事は「ずっとじゃ無いじゃん」と良い方に考えました。
つうか、雨が降っててもとりあえず行くって決めてました、今回は。去年の事があったので。
そう、去年は台風が通過中で、絶対やんないなと思ってたんですが、開催時刻の頃には天気が回復し、開催されたんです。

9時ごろに「もちや」に到着し、その時点で約8台。
集合時間の10時頃にはそこそこの台数が集まりました。
当日、ミスターバイクBG誌の取材があり、集まっている人から順に撮影が開始されましたが、どんどん集まってくるので撮影の収拾がつかなくなっていた様です。
つうか私も沢山の写真を撮りたかったんですが、あまりにの多さに諦めました。
つう事で参加された方々のZです。

[またっくのノーマル車両がいらっしゃいませんでしたw]


昼近くなり、都合の付く方は昼食場所の精進湖湖畔まで移動となしました。
雨の中、一斉にZが移動しまして、もぉ迫力で、自分の排気音だか、誰の排気音だか解らない程でした。つうか当たり前か?
(走行写真はもちろん無しです。だって雨の中必死なんですからァ)

昼食会場では、会費500円でコーヒー、チャーハン、豚汁が振舞われ、冷えた体には嬉しいものでした。



っで、穴が開くほど、皆さんのZを観察し、またいろいろなお話をお聞きして、今回はちょっと傾向分析してみた。
これらの数値は数えた訳では無いので、大体の印象ですが。
・ヘルメットのメーカー
 8割方、アライ
 ほか、シンプソン、ショウエイ、OGK、一目でわかるBELLなど
 ※アライで目についたのはGP−4Xでした。正直カッコイイです。
 ※OGK、最近社名変更しましたよね、OGKカブト!
・ヘルメットの色
 5割、白
 3割、黒
 ほか、シルバー、グラフィックモデル、オリジナルなど
・オーナーの靴
 7割方、エンジニアブーツ
 残り3割は特に傾向無し
・キャブ変更
 FCRの装着率高し、ついでCR。TMとTMRはちらほら
 ノーマルキャブはほとんどいませんでした
・ホイール
 7割方、交換
 3割ノーマル
・ホイール交換
 ダイマグ、モーリスがやはり一般的?
 ほか、純正ホイール流用改など
・外装色
 6割純正色
 ほかカスタムペイントなど
 ※一時、一世を風靡したHカラーが、たぶん1台も居ませんでした
  もし来てたらすみません
・外装
 ノーマル7割
 変更車両の傾向はモリワキモンスターの影響か、
 タンクがZ1R、テールカウルがMkU(FX)の組み合わせ
 ※この組み合わせ、正直カッコイイです
  クルマでいうと、シルエイティーですか?
  ワンビアは居ませんでした
・レイダウン
 7割の車両がレイダウン
 これはノーマルホイールでもレイダウンしてありました
 つうか私もですけど
・純正ホイールへの装着タイヤ
 8割方BS
 残りダンロップほかって感じ
 ※今回、これが一番気になっていたところです
  組み合わせでいうと
  F:BT−39、R:BT−45Vが圧倒的
  ほか、前後45V、前後K300GP、Rだけピレリが2台ほど?
  BSユーザーの方は、そろって高速安定性で選んでいる様です
っと、まぁこんな感じです。
さすがにエンジンの中身までは、見れないし、一台一台質問も出来ないのでわかりませんでした。
BGさんもさすがに全車にはアンケートをお願い出来なかったようですし。
ミーティング参加車両の傾向は、往々にして主催者のカラーが反映されますから、走りがイメージの車両が多くなるのも当然です(笑)
まぁ角Z自体が、走りのイメージが強いようですが。
主催者お二人のFフェンダーです。ねッ走りのイメージっつうか、レーサーですからぁ〜

以上、参加された皆さんの楽しそうな笑顔が印象的なミーティングでした。

最後になりましたが、
参加された方々、お疲れ様でした。
いろいろお話しして頂いた方々、お声をかけて下さった方々、ありがとう御座いました。
そして、主催者のお二人、お二人をサポートされていた方々、本当にお疲れ様でした。ありがとう御座いました。


PAGE TOP