Neo classic motorcycle of Japan
Krazy Kool Klassix

SITE INFO
MEMBER
ACTIVITY
GALLERY
BLOG
LINK
CONTACT
HOME

 
「2006年 NFC 主催 NFC SUGOサーキット走行会」参加レポート
場所:宮城県 スポーツランド菅生 2006年7月16日(日)・17(祝)
主催:NFC
事務局:オートサイクルヌマさん
天気:16日曇り時々雨、17日曇りのち雨つうか豪雨
レポート:ストライク

今回は天気予報がずっと雨だったんで、もう諦めました天気は。
ヒューストンと待ち合わせをしましたが、寝坊しまして...家を出るときにメールしたら、既に佐野SAにいました。すんまそん。
ヒューストンと合流後、ウィスキーとの待ち合わせ場所の那須高原SAに向かいます。
いいペースで流していると、ヒューストンが次ぎで止まってとのハンドサイン。
何事かと上河内SAに入ると、電装系トラブルでバッテリーを充電していないとの事。
外装を外しチェックしてみても分かるはずもなく、あっさりリタイア決定。 つうかここから家まで戻れるかも心配になって来ました。
[ヒューストン ショボン]

ヒューストンと矢板ICで別れ、ウィスキーと那須高原SA合流しました。
そうそう、カブははじめから欠席です。
次にチームアキヤマと白河ICで待ち合わせですが、時間調整のために喋っていると、雨が降ってきました。 ここまで途中でも降っていたので、もしかしたら雨雲といっしょの北上になるかも。
カッパを着て走りだします。

白河ICでチームアキヤマと合流後、安達太良SAへ。
雨雲を抜けることもでき、安達太良SAでカッパオフ。
丁度いい時間でもあるので、昼飯。
「うなぎわっぱ」
はじめうな丼、後半お茶漬けってふれこみのおすすめらしい。
つうかうな丼時がちょっと味薄くて...結局茶漬けで食べました。
これ完食!ちゃんと食ってっしょ。

北の空を見上げると凄い雨雲。
今夜の宿に電話して、現在の天気を確認すると降ってないとの事。
これからのルートを検討。
当初、福島飯坂ICで下に降り、国道399号で山形県に入って蔵王エコーラインを山形県側から攻めようってルートでしたが、エコー全線雨じゃ意味ねえしってことで、とりあえず宿に向かうことになりました。
宿に着いて場所も分かったし、って事で雨も降ってねえし、うんじゃエコー走りやすか!ってんでウィスキーと金子君との3人で走り始めたら、直ぐに雨が降ってきまして...あっけなく本日終了とあいなりました。
「谷山温泉」
つうか谷山温泉って地域の名称っていうか、湯田温泉とかって感じだと思ったら、宿の名前でやんの。
田んぼん中に一軒ポツンってあんだよ。
つうかセミ露天が混浴なんだと、ほんとかよって感じ。


夜の宴会では早速ヌマさんチームとチームアキヤマの歌バトルになりました。
俺?もちろん歌ったよ、チームアキヤマの先陣切ってね、アリスのチャンピオン。
つうか「ラヴぃ」もう有ったん。
つうかまだ歌えるまでは行ってねえから止めといた。
つうかメンツの世代的にちょっと違うし。
つうかヌマさんチームに二十歳の人いった。俺の半分じゃん!つうか息子より若けッて声もあったし。


翌朝は雨が降っていましたが、朝食の頃には止みました。
コースはヘビーウェット。
走りだせば、ラインが乾き後半はいい感じになんだろ。
つうかヒューストンは、一旦家に帰り、車で参上。宴会から参加!

完熟走行を始め、数周目に先導車がS字出口で転倒。
いきなり緊張が走ります。

走行が再開され路面が少しづつ乾き始めましたが、まだまだ油断禁物です。
つうかいきなりS字出口でリアタイヤがスリップダウンしてあっさりコケました。

マーク2はステップが折れ、ハンドルが若干曲がった程度ですんだのが幸いでした。
っで身体の方は右ひじや腰などを打って痛みがある程度でした。コケた直後は緊張で痛みを感じないってこともあり、大抵翌日に新たな痛みが出るもんで、今回も翌日痛みがありました。単車の修理を考えたら胸の真ん中あたりがキュン!っと。
[修理前] [修理後]
社長にはいつも世話になりっぱなしでありがとうございます。

っでここからはみんなの走行写真です。つうかさすがに全員は撮れませんでした。
走行が終了し昼飯を取っていると雨が降り出し、結局この後止む事はなかったです。

お勧めはしませんが、今回、iPod nanoを聴きながら高速を走りました。
排気音に掻き消されない様にボリュームかなり高めで。
っでカワサキ空冷4発の乾いたエキゾーストノートとシンクロして、最高!
えっ何聴いてたかって?80年代のハードロック?
いいえ、RIP SLYMEだよ、なにか?
マジやばいくらい いいぜ


PAGE TOP