Neo classic motorcycle of Japan
Krazy Kool Klassix

SITE INFO
MEMBER
ACTIVITY
GALLERY
BLOG
LINK
CONTACT
HOME

 
「榛名ツーリングレポート」
目的地:榛名山(群馬県榛名町) 2006年5月4日(木)
天気:晴れ、つうか夏日
レポート:ストライク

 今年はカブの提案により榛名山に即決です。なぜかというと頭文字(イニシャル)DのDVD発売記念というか、 藤原とうふ店のロケ場所を探そうとか、年甲斐も無く目的が学生の乗りってところです。 結局、ロケ地探索は止めましたが。
 第一目的地の「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」(展示物が解り易いか?解り難いか?微妙)に9時到着。 国産クラシックカーが展示してあるって事で行ってみましたが・・・

入場料を払いいざ入館。つうかヤバくない?!
テディのお出迎え!

 順路を進むと昭和40年代尽くし。
 当時の駄菓子屋を再現してあるコーナーや当時のレコードやプロマイドの展示コーナーがあり、 私たちの年代が丁度小学生の頃な訳で、これには大脳皮質が大いに刺激され、 後半のクラシックカー展示コーナーよりも「盛り上がる場所間違ってないか?」ってなくらい大盛り上がりで、 「改めて見っと、高田みずえ、悪くねぇなぁ〜」とか「山口百恵のビキニヤバくない?」って大はしゃぎでした。 (そういや、リリーフランキー氏著書「東京タワー」に回想されている少年時代がやはり私の少年時代の風景とオーバーラップしてかなり笑えます)
誰好き?

 後半の国産クラシックカー展示コーナーでは、明らかに先ほどまでの盛り上がりはありませんでしたが、 やはり懐かしい車たちが目白押しで、今の樹脂っぽい車に比べ手が込んでいて個性的でみんな正直格好良かったです。

メンバーの生まれた年の車紹介
昭和40年式 日野コンテッサ
エンジンが後ろに搭載されています。
該当者:ヒューストン、ウィスキー
昭和41年式 日産ブルーバード
石原裕次郎出演、映画「栄光への5000km」のモデルになったサファリラリークラス優勝車のベースモデル。ちなみに映画では次モデルの510を起用。
該当者:ストライク
昭和46年式 日産フェアレディーZ432
GT-Rと同じS20型エンジン搭載。 コンペティションモデルは「432R」となり、イグニッションスイッチがシフトレバーの手前にあります。 これは4点式シートベルトをしているとハンドル脇では手が届かずイグニッションスイッチを入れられない為です。
該当者:カブ

因みに50年式以降は展示されていませんでした。残念!

 昼食はやはりカブ推薦の博物館から程近い、上州三大うどんのひとつ「水沢うどん」のお店です。
 かなり大きなうどん屋でしたが、11時だというのに席の3分の2は埋まっていて、 食べ終わった頃には駐車場も満杯で車も列をなしていました。

本手作り水沢うどん「大澤屋」。“さわ”は難しい方の“さわ”です。

舞茸てんぷらうどん
舞茸めちゃめちゃ美味かったッス。
つうか天ぷらかい!
満腹!

 食事後は、伊香保温泉→榛名湖→県道28号→国道145号「ロマンチック街道」→沼田→赤城山というルートを辿りました。
 途中の県道28号は通称「裏榛名」と言われ、知る人ぞ知るハイスピードコーナーのワインディングです。実はここが第二の目的地。 つうか目的で、榛名湖側から行くとヤバいくらいのダウンヒルでした。登りは途中取締り中で往復出来ずあっさり任務完了。 って事で画像無しです。

 気付けば赤城山北面に到着してしまっていました。お疲れ!
 つうか終わりかい!


PAGE TOP